pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・井上いつかさんのコラム「いつか読書をする人へ」
啓文社・コラムコーナー
啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > 井上いつかの「いつか読書をする人へ」 > 2020/05/27:更新  
Inoue Itsuka Review Corner 井上いつか・いつか読書をする人へ
 フィクション

2020/05/27のコラムです。
コラムの内容
 
アーモンド

著者:
ソン・ウォンピョン
出版社:
祥伝社
『感情』がわからない少年、ユンジェ。
幼いユンジェに、なんとか普通に見えるように、感情を丸暗記させる母親。
意味がなかったとしても、間違っていたとしても、そうせずにはいられない彼女の気持ちがわかりすぎて胸が痛い。

わたしが代わってあげられたらいいのに。

時々思うこの言葉は、小さい頃によくわたしの母からも聞いた覚えがあります。

何日も寝込んでいる時や、何日も眠れない時、いつも、代わってあげられなくてごめんね、というその声があまりにも辛そうで、体がしんどかったことよりも覚えています。

ほんとだ。まじで、そう思うんだ。愛ってすごい。
本気で、自分よりも、って思うことあるんだ。

愛を受けて育ちながらも、それが理解できないユンジェ。

愛を受けることなく孤独に育ってきたゴニ。

二人が、少しずつ変わって行くのを、息を殺すように読みました。ページのめくる音もたてられないくらいに。

人の心ってなんなんだろう。
最近自分の感情を軽視していることにも気づかされました。
悲しかったり、怒っていたりする自分をなかったことにしていたかも。




 
  (2020/05/27おわり)
 
Inoue Itsuka Review Corner
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.