pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・井上いつかさんのコラム「いつか読書をする人へ」
啓文社・コラムコーナー
啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > 井上いつかの「いつか読書をする人へ」 > 2020/07/02:更新  
Inoue Itsuka Review Corner 井上いつか・いつか読書をする人へ
 フィクション

2020/07/02のコラムです。
コラムの内容
 
ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

著者:
大前 粟生
出版社:
河出書房新社
「つらいことがあったら誰かに話した方がいい。でもそのつらいことが向けられた相手は悲しんで、傷ついてしまうかもしれない。だからおれたちはぬいぐるみとしゃべろう。ぬいぐるみに楽にしてもらおう」


来るなら来い、と思っていた。絶対に変わるものか。100回目だって同じように血がふきでるまで傷ついてやる。こなごなに砕け散るのをみてびびりやがれ!

強くなることが、分厚く、固く、鈍くなることだとおもっていました。自分がそうなるのが本当に嫌だった。
今は本当に傷つかなくなりました。本当に亀の甲羅でもしょって生きているように、分厚い何か越しに鈍く感じるだけです。
20年前のわたしが、今のわたしを見たら幻滅するかな?
どうしてそんなの平気でいられるの?って泣かれてしまうかな…あの子怒りっぽくて落ち込みやすいからめんどくさいなあ…。

きっと昔のわたしより、今の彼らの方がもっとずっと苦しい。
世界は細分化されて、その部屋ごとのルールや振る舞いが難しすぎて、本当、どうやって息するんだっけ?レベルです。
足を踏まれることに敏感な人たち。誰かの足を踏むのが怖くて一歩も動けない人たち。

この本を読んで、ちょっとでも息ができますように。
ひとりでも多くの、彼らに読んでもらいたい本です。


 
  (2020/07/02おわり)
 
Inoue Itsuka Review Corner
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.