pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・井上いつかさんのコラム「いつか読書をする人へ」
啓文社・コラムコーナー
啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > 井上いつかの「いつか読書をする人へ」 > 2020/09/07:更新  
Inoue Itsuka Review Corner 井上いつか・いつか読書をする人へ
 ノンフィクション

2020/09/07のコラムです。
コラムの内容
 
メイドの手帖 

著者:
ステファニー・ランド
出版社:
双葉社
 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語

 と副題は続きます。


 DV,ホームレス生活、破れた夢…

 娘の1歳の誕生日をホームレスシェルターで迎えたステファニーを、どこか遠くのわたしたちとはかけ離れた世界の住人だと考えてはいなかっただろうか。

 カフェで働き、大学入学の費用を準備していた若く自由なステファニーは、結婚、出産、離別、予期せぬ転機に自分でも想像もしなかった場所へたどり着いてしまいます。

 たったひとつ、階段を踏み外しただけで、夢や、一杯のビール、旅行、恋が、分不相応な贅沢なもののように思われ、日々を耐えることに必死で遠い未来など思い描けなくなってしまう社会。

 わたしにだってわかる。

 これは仕組みがわるいのだ。

 わたしたちが苦しく、日本が、アメリカが苦しく、人々の生活が変わらないのは、負の連鎖から抜けられなくなるこのシステム自体が悪いのだ。


 ただ、知ること。
 気づくこと。
 声をあげること。

 ステファニーの自分とミアを救うために綴ったこの物語。
 世界が変わるストーリーの1ページ目なのかもしれません。
 
  (2020/09/07おわり)
 
Inoue Itsuka Review Corner
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.