pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・井上いつかさんのコラム「いつか読書をする人へ」
啓文社・コラムコーナー
啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > 井上いつかの「いつか読書をする人へ」 > 2020/09/21:更新  
Inoue Itsuka Review Corner 井上いつか・いつか読書をする人へ
 フィクション

2020/09/21のコラムです。
コラムの内容
 
沖晴くんの涙を殺して

著者:
額賀 澪
出版社:
双葉社
 表紙のイラストでお分かりの通り、わたしたちのよく知る町がモデルとなっています。
 あの階段を下りて、あの路地を抜けて、あの海に出る。べったりじゃない、押しつけがましくもない、だけど当たり前に寄り添う人々の距離感。あの町らしいなぁ。

 『喜び』以外の感情を失ってしまった沖晴くん。欠けた心のままでも最良であろうとしています。ほかの感情を取り戻すことは、沖晴くんが、大きな過去を受け止めなければならないということなのです。

 もう、泣きに泣きました。心を取り戻すっていいことのはずなのに、沖晴くんに、もうこれ以上進まなくていいよ、と何度も言ってあげたくなりました。
 でも、沖晴くんは進んでいきます。『普通』ってこんな景色だった?彼を一人にしたくない一心で、苦しいのに最後まで一気に読み進めてしまいました。

 
  (2020/09/21おわり)
 
Inoue Itsuka Review Corner
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.