pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・井上いつかさんのコラム「いつか読書をする人へ」
啓文社・コラムコーナー
啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > 井上いつかの「いつか読書をする人へ」 > 2020/12/16:更新  
Inoue Itsuka Review Corner 井上いつか・いつか読書をする人へ
 フィクション

2020/12/16のコラムです。
コラムの内容
 
日没

著者:
桐野 夏生
出版社:
岩波書店
わたしたちは、いつでも見張られている。
失言を、ミスを、間違いを、勘違いを、やってもいないことを。いつ、どこから、誰にでも指を指される。

産前産後に小説『ダイナー』と映画『シューテム・アップ』を何度も何度も繰り返し見て、必死に脳と心を元の位置に押し戻したことを思い出す。ドン引きされても仕方がない。けれども、わたしたちは、頭の中だけは、わたしたちの世界ではなかったか?

目を覆うような凄惨なことがらは、見なければこの世から消えるのか。

『正義』であれば何をしてもいいのか。

歯を食いしばって読みました。
読みながら、怒りで目の前が赤くなったり、鼻血が出たり。

 
  (2020/12/16おわり)
 
Inoue Itsuka Review Corner
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.