pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・井上いつかさんのコラム「いつか読書をする人へ」
啓文社・コラムコーナー
啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > 井上いつかの「いつか読書をする人へ」 > 2021/01/14:更新  
Inoue Itsuka Review Corner 井上いつか・いつか読書をする人へ
 フィクション

2021/01/14のコラムです。
コラムの内容
 
マナーはいらない 小説の書きかた講座

著者:
三浦 しをん
出版社:
集英社
小説を「書く人」「書きたい人」へ
文章が楽しく書けるようになる爆笑エッセイ!!!

文章の基本である、推敲のしかた、枚数感覚やお話の構成、人称、比喩表現やセリフの戦法。そして、お話作りの情報収集、取材方法や、タイトルのつけ方、そして、プロデビュー後の心構えまで!

小説を書く、ということはこんなにも小説について考え、考え、考え抜くことなんだとなんか府に落ちました。
好き。もっと知りたい、深くわかりたい、たどり着きたい。何かを作り続けるといくことは、こんなにも深い思いと情熱を帯びた、愛しているっていうことなんだろうな。苦しみと喜び。
そしてなぜか、小説への愛と同じぐらいの熱量で語られる、某映画シリーズの話!これが、小説を生み出せる情熱の源なのか…!!

わたしのほとばしる情熱ってなんだろう…

夫はなんか、バンドやミュージシャンの話になるとうるさい。
あのバンドは自分にとってのドリームチームだ、とか、ポールの新曲がどうだこうだ!とか、誰々がYouTubeで某とコラボしてる!とか…(聞いていないので詳細不明)
同じアルバムのCDとレコード両方を持っていることを子どもに指摘されてぎくっとしてる…(別にお好きに)

そういえば、読み終えた小説のあらすじやセリフの細部に至るまで、激しく狂おしく語り続けてしまうのだった。お風呂やトイレの扉の前まで着いていってしゃべりまくります。後でね!ってぐいーって押し出されてしまった後も。

読む愛か…!!毎日楽しいけど、なにか役に立つかな…。
 
  (2021/01/14おわり)
 
Inoue Itsuka Review Corner
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.