pagetop
啓文社ネット

本、ショッピング、CD、ビデオ、DVD、ゲーム、ネット、総合エンターテイメントを提供する“啓文社ネット”

啓文社
啓文社・スタッフおすすめ
啓文社・スタッフおすすめ
啓文社のスタッフによるオススメの商品などをご案内します。

カートを見る

商品の検索 書籍検索本やタウン
自由価格本ショッピング 厳選ショッピング
ホーム > スタッフおすすめ > 2020/09/09書き込み  
Staff Reccomend スタッフおすすめ
 ノンフィクション

2020/09/09:啓文社 BOOKS PLUS 緑町 井上 剛がおすすめする一品です。
コラムの内容
AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

著者:
庭田杏珠 渡邉英徳 
出版社:
光文社
日本でカラー写真が主流になったのが1970年前半。それ以前は当然白黒写真。カラーに慣れた現代人にとって白黒写真から現実味を感じることは難しい。本書は第二次世界大戦前後の白黒写真をAI技術によってカラー化し、戦争を「自分ごと」として考えるきっかけを作ろうと企画されました。
著者の一人、庭田杏珠さんは高校生の時に広島市中島地区の白黒写真をカラー化する「記憶の解凍」プロジェクトをスタートさせました。カラー化によって、写真を提供された方々の原爆で失われたご家族との想い出や記憶が生き生きと蘇ったそうです。
AIだけでは現実と違う色が出るため、当時の資料や写真提供者との対話をもとに色補正を重ねた数々のカラー写真は、当時も今と変わらぬ暮らしと泣き笑いがあり、戦争がそれを奪ったことを鮮明に伝えます。戦後75年の今こそ目にしてほしい一冊です。
この本を購入する
  (2020/09/09おわり)
 
Staff Reccomend
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2000-2007 KEIBUNSHA Co.,LTD. All rights reserved.